指導の重点と具体策

 (1)確かな学力・基礎基本の定着を目指す学習指導の推進(知育)
   ■学び方を学ぶ学習指導の重視と基礎基本の学習の徹底を図る。
   ■体験学習・問題解決学習を重視する。
   ■一人ひとりに合わせたきめ細かな指導を重視する。
   ■話すこと・聞くこと・書くことなど重視と繰り返し学習により、基礎学習の定着を図る
   ■基礎的・基本的事項を明確にした繰り返し学習により、基礎学習の定着を図る。
(2)豊かな心をはぐくむ生徒指導の生徒指導の推進(徳育)
   ■基本的な生活習慣と規範意識を育てる。
   ■あいさつ運動に取り組み、「心を潤す4つの言葉」を推進する。
    (保護者・地域との連携)
   ■教育活動全般を通して、人権尊重の精神を徹底する。
   ■差別やいじめを許さない鋭い人権感覚を育てる。
   ■言語環境を整え、表現力やコミュニケーション能力の育成に努める。
   ■人間関係プログラムの確実な実践をする。
   ■特別支援教育体制を整備士、指導を充実させる。
(3)心身ともにたくましい子の育成を目指す体育的活動の推進(体育)
   ■体育の授業を充実する。(体力アッププランの導入・体育サポーターの活用)
   ■朝の時間、業間休み、昼休みに外遊びを奨励奨励する。
    (遊びの経験・運動経験)
   ■体育課外の積極的な活用を図る。
   ■さわやかタイム(ランニング・縄跳び)を計画的・継続的に実施し、充実させる。
(4)生き生きとした学校生活を送る学年・学級経営の推進
   ■子供の居場所・居がいのある学級を目指す。(魅力ある教室)
   ■教室内の規範意識の定着と違いを認め合う学級づくりをする。
    (コミュニケーション)
   ■学年相応の自覚をもった児童の育成に心がける。
   ■教育相談的手法を活用する。(カウンセリング・マインド)
(5)学習の場としてふさわしい教育環境の整備
   ■きれいな学校、きれいな教室を目指した、清掃活動・児童係活動を実践する。
   ■心の和む教室掲示に心がける。(学習の振り返り、児童の作品等)
   ■子どもの存在を認める作品へのコメントに心がける。
   ■安全点検を確実に実施し、安心・安全な教育環境を確保する。
   ■望ましい学習習慣を定着させるための学習環境を整備する。
(6)保護者・地域と連携した開かれた学校づくり
   ■保護者や地域の声に聞く耳をもち、誠意をもって対応する。
   ■保護者や地域との連携を強め、信頼される学校づくりを目指す。
   ■学校地域連携コーディネーターの活用により、地域との連携強化を図る。
   ■学校だよりや学年学級だより・教育相談日等の活用を図る。
   ■保護者や地域の人材を学習活動に活用する。
   ■公民館との連携を強め、地域との窓口の拡大に努める。
   ■保護者や地域と連携した学校安全ネットワーク体制を充実させる。

戻る